太りやすいカラダはこうしてできる!

MENU

今注目を集めているのがこのダイエットエステ

自己流ダイエットで失敗しまくりのアラサー、アラフォーが成功したダイエットエステ!10,000人以上の体験者のうち、97.3%が1回で痩せたと実感したセルライト撃退コース60分3,000円(税込)は専門誌からの評価もあるプログラムです♪

ダイエットエステ口コミ

≫≫≫FAVORIXの公式サイトはこちら

太りやすいカラダはこうしてできる!

太りやすいカラダはこうしてできる

毎日どんぶり飯を何杯も食べているわけじゃないのに太ってしまいます。特に数日前から歯のトラブルで、毎日痛みどめを飲んでいます。もちろん食事も満足にとれません。噛むことができないですからね。

 

 

ソーメンだったり、ヨーグルトだったりと流し込むようなものじゃないと食べられないんです。それでもいっこうに体重は減ってきません。これはどういうことなんでしょうね?

 

 

でも本当に食べ過ぎていないのでしょうかね。ある薬剤師さんの話では、それほど食べていないと言う人の多くが、自分にとっての食べ過ぎに気が付いていないというのです。

 

 

結果的に食べ過ぎと同じになるパターンは、
@食事の中身に占める脂肪の割合が増えた
A食事の回数を減らした
B活動量が減った
C基礎代謝が下がった

 

 

これらのパターンは、食べる量が増えていなくてもカラダが太る要因になりますが、自分では気が付きにくいんですよね。

 

 

そう思うと、朝食を食べたり食べなかったり、毎日パソコンと睨めっこで運動をほとんどしていなかったり、筋肉が衰えて基礎代謝が下がっていたりと、ほとんどのパターンに当てはまっていることが分かります。

 

 

食生活ではインスタント食品を取ることが多かったりしていますしね。

 

 

ダイエット目的で朝食を抜いているわけではないのですが、食事の回数が減ると、食事によって発生する熱の産生が減って、総消費カロリーが低下してしまうようです。食事の熱産生は、1日の消費カロリーの10%を占めるので、これはけっこう影響が大きいようです。

 

 

それに食事を抜いてしまうとお腹が空いて動きが鈍くなってしまいますし、それが続くと筋肉が落ちて基礎代謝もさがってしまうとのこと。

 

 

運動する習慣がどんどんなくなってきているし、日頃の活動量も少ないので、少ない摂取カロリーですら消費しきれないカラダになっているのかもしれません。